過去の痛みを知り認め許す

スポンサーリンク
イライラする

日々生きていると、過去の痛みを思い出します。私自身も過去はいじめられっ子で、何もかもが嫌でした。

いまとなってはそうですが、幼少期にいじめられていると、自分の記憶すらも封印してしまうのです。

私自身もある日。

親が持っていた私の過去のアルバムを一緒に見ていたんですが、すっぽりと小学校の記憶がないことに気づきました。

6年間分の記憶はほぼないのです。

断片的に怒られたり楽しかったときの記憶は存在しますが、旅行に何度もいっているのにその記憶は全くありません、恐怖すらも感じました。



スポンサーリンク

後悔しない生き方

痛みは過去からやってきたり、前世からの課題である場合もあります。さらに、生まれる前に自分がその経験をしたいから、今の痛みを感じている。という選択があります。

ただし、ほとんどの方々は前世などの記憶はありませんから。(一部の方々は生まれる前の記憶やお腹の中にいるときの記憶、を持っている方々が最近はすごく増えてきました)

過去の記憶を避けている

過去の記憶を遡るときに、多くの方は思い出したくない。とか、過去を振り返るのが怖いという方々が多く見受けられます。

でも、怖い感情はわかりますよ。

私自身もそうでした。

怖いと思っていると成長がとまってしまってなかなか幸せがやってこないと私は思っています。その「恐怖」を乗り越えてしまえば日々が楽しくてワクワクするのです。

スポンサーリンク

精神的につよくなりたい

私自身がそうだったように、

もしもあなたが今を乗り越えて

精神的にも肉体的にも強くなりたい。

そう思うのなら…

まずは過去の過ちや行動の全てを認めることからはじめましょう。そのときはそれしか選択肢がなかったし、そのときは今のような感情がなかった。だからしかたがなかったことなのです。

そのときの自分を今の自分で許す。この許すことは少し時間がかかるかもしれません。許すを言い換えると、例えば幼い子どもがイタズラしたり、何か間違ったことをしたときに、子供だから仕方ないな!と許す。

これに凄く似ています。

なので、過去の自分がやってきたことを全て許す。こうしていくことで、過去の痛みは徐々に消えていき、やがてそれが楽しみやワクワク感を生み出していきます。

タイトルとURLをコピーしました