【友活】友達の作り方を忘れた社会人に贈る3つの切り札

社会人の友達の作り方教えます。

ふと我に返った時、友達がいなくて寂しいと恐怖や不安がおそってくる時期があります。社会人として何年も我武者羅に頑張ってきたのはいいことですが、お金には変えられない買うことのできない友達がいないのは、本当に寂しいことです。カウンセリングをしていると、友達の作り方を忘れました!友達の作り方を教えてください!どうすればいいでしょうか?

と・・・。本当に多いのは30代前後の方々の立派な社会人に多いです。今回は、その友達の作り方を話していきましょう…



【友活】友達の作り方を忘れた
社会人に贈る3つの切り札

なぜ友達に巡り会えないのか?

社会人になって間もないときは、飲み会があったり、会社が何万人規模にもなると出会いはつきものです。社内恋愛がダメと暗黙の了解になっている会社がほとんどですよね。特にあなたが30歳か、20代後半になってくると、友達はいなくなるでしょう。友達の作り方ってどうやったっけ?どうやって、友達を作ってたっけなー?てふと思うとkが多いでしょう?

それは、あなたが悪いのではなく、周りが結婚したり異動があったりして出会いの場が激減したからという1つの理由しかないのです。社会人になると仕事や人間関係が気になって、まわりを気にしちゃって上手く動けなくなる人間が多いです。

おそらく・・・

あなただけが、友達の作り方を忘れてしまったのではなく、あなたのまわりのほぼ9割以上の方々は寂しさに怯えていることでしょう。しかし、、社内であればその友達を作るという行動に出ることができません。特に異性はかなりの確率で低いことです。同性であれば、ランチや社内の飲み会で友達の作り方、この文章を読まないでも友達はできるでしょう。

人は、一人では生きていけない。。

という言葉を聞いたことがありますよね?人は誰かに言葉で話、触れ合うことで幸せを感じます。同性でも良い場合は、いま、悩んでいる仕事のこと、恋愛のこと、昔の経験、今すきな芸人、女優、俳優の話をしましょう。

たったそれだけで、

同性の場合は友達ができますよ。それでもできない場合・・・

 

パーティーやオフ会は意味がありません

 社会人になって、友達の作り方という言葉をインターネットで検索する人は多いです。そして、、街コンやパーティー、合コンに友達を求めに行く方も相当な数になってきましたが、そこに答えは存在しません。

なぜなら、全く他人同士が集まる、奇跡的な宝くじの1等があたるくらいの確率をそこに求めてしまっている方々が集まるからです。そういう環境には引き寄せは働かず、逆に、マイナスなものを貰って帰ってしまうだけです。

友達の作り方の真の感情は、

すきな者同士が安心する・信頼する・共鳴することが必然です。

 

あなたの趣味で語れるものはありますか?

社会人になると、本音。これを語れない方が多いです。社内や社外に出ても会社に悪影響があるかもしれない・・・などと自己先入観が働いてしまって、普段の生活でもいつの間にか本音をぶつけられる人間に合わなくなってしまいます。

あなたは、最近、本音で話をした経験がありますか?

人間性や社内の愚痴とかじゃないですよw

友達の作り方は本当に簡単なのです。

あなたがずっとやっていること、今はまっていること、アプリだったりゲームだったり、、好きな芸人なんでもいいです。例えば、私のソウルメイトは私と合っている時も、ずっとアプリでゲームをしています。パズドラ・・・じゃなくて、、モンストってやつです。イベントの日だから!といって食事中もずっとモンストやってるんですねw

でも、彼はそのモンストについては誰よりも知っています。イベントでもらえるアイテムだったり、このボスキャラにはこのキャラが一番攻撃がきくんだぜ!!とかw

ほんと、こういう人が本当に友達の作り方をしってるなーーって私は思います。好きなことで、何が好きかを言えるひとは本当に人間味に溢れていると周りから見られます。あなたは、趣味は何が好きですか?と聞かれて、映画、読書、スポーツ、ゲーム、寝る・・・とかだけ言っちゃってませんか?

映画なら、、

◯◯っていう映画が好きなんですけど、『その中でも、◯◯のシーンの、◯◯さんの言葉が胸に響いていつも泣いちゃいます・・・。』とか言うようにしてくださいね。そこにあなたが本来もっている潜在意識が言霊となって現れるのです。あなたが好きなことをより深く話すことですよ。

それは、相手の心に突き刺さります。

なぜなら、その好きなものの、さらに深い感情はあなたしか持っていないものですから。趣味はなに?と聞かれたら、一番好きな趣味を言って、さらにそれの何が好きかを話してくださいね。

 

共に歩めるものに参加する。

 社会人になるとある程度、月1万2万円くらいは使えると思います。趣味でも上手くいかないくて、ずっと友達の作り方を探し続けていた方が解決した方法を話しましょう。

これは本当に簡単なことです。月1回でもいいですので、郵便ポストに入っている『ぱど』『地元情報誌』『習い事』『スクール』これに行ってみてください。特におすすめなのは地元情報誌ですね。私はこれで何人も親友と呼べる方々を作ってきましたし、友達の作り方をずっと探し続けていた女性も、一瞬でその悩みから解放されました。

パーティーや合コンと違って、そういう教室やスクールに来る方々は心が清く余裕がある方が多いです。

そこに、あなたが入っていくとすんなりと受け入れてくれ、何もかも話せる本当の友達ができると思います。友達の作り方を探している途中なら、いつもゴミ箱に投げ捨てている地元情報誌、ぱどなどを手にとって、時間をとってみてください。

たったそれだけで、友達が作ることができます。

 

体験したことのない世界に足を運ぶ。

 男性・女性にもおすすめできる世界があります。

この世界は世界共通で誰もが同じ方向に進むしかなく、ゴールが永遠にないものです。そこは友達の作り方を知らなくても、必然に友達ができてしまう環境です。

友達ができない、いない、作り方がわからない、忘れたというカウンセリングをした方々全員が友達を作って幸せにしている場所。

それは、、

『料理教室』

えっーーーー?!

って思っちゃいますが、この料理教室は最高の出会いの場所です。騙されたと思って足を運ぶことを強くオススメ致します。特に男性の場合は、友達でなくおつきあいしたい方を見つけたい場合、お料理教室は良いですね。

ぜひ、試してみてください。

 

まとめ

【友活】友達の作り方を忘れた社会人に贈る3つの切り札

・友達ができないのは周りの結婚や異動が原因である。
・趣味を一言ではなく、あなたが何故好きかどこが好きかを伝える。
・地元情報誌やぱどに掲載されている安価な教室、スクールに行く。
・特におすすめなのはお料理教室。出会いが溢れています。