30代からの集中できない3つの原因

集中できない

集中できない。仕事にも恋愛にも。特に職場で集中できないという相談が最近一番多いかもしれません。その中でももっとも相談に来る方で一番は、30代の方です。20代の後半くらいから30代に差し掛かり、30歳、35歳あたりが本当にこの集中できない。病ともいえるような症状に陥ってしまいがちですが…



30代からの集中できない原因とは

先入観と無意識のプライドを捨てよ

集中ができない。という30代によくあることは、過去に何かしらちっちゃくても成功を収めた方が大半を占めます。過去はあんなにも残業をして、サービス残業と言わずに、闇雲に仕事に夢中になり、成果を上げてきたのです。成果とは裏腹に、充実した日々を体験してきたあなたは今。集中できないことで、偏頭痛やこめかみが痛かったりするかもしれませんね。

そう。

人は過去の経験が今のあなたです。つまり、過去の事柄や経験が今をつくっているのですから、集中できないと感じてしまったとき『迷路』に迷い込んでしまいますよね。。どうしても解決できないものです。休憩したり、気分転換にいつもと違うランチに行くこともあるでしょう。しかし、、一向に集中できないのは変わらないですよね。

それは、、あなたの中にプライドが眠いっているのです。あなたは周囲から見れば、普通の優しい人だと思います。そんなに頑張らなくても、いままでスムーズに何事もこなしてきて、少しマイナスなことが起こっても、なんとなくうまく乗り越えて来られたはずです。

しかし…

そのうまくいってきた、経験がプライドとなってしがみついていることをご存知ありませんよね?プライドなんかないんです。。と言っている人ほど、人の倍以上のプライドが存在します。それは過去の栄光であった成果や体験や充実というものです。それをまず、捨てるのは難しいかもしれませんから、まず、それを認めることにしましょう。

20代に培ってきた経験や成果は、20代の頃のものだと。。

 

集中できないのは成長している証拠である

もう、私はダメになりました。。

そうやって自分をマイナス評価する人が多いが、それは間違っています。集中できない30代というのは、成長がわからなくなっていて、周囲の目を気にしたり、全体を見回すことができたりと、様々な情報量が20代の頃より見えるようになっているのです。ですから、、あなたが仕事ができなかったり、恋愛でうまくいかないなどと、思っているのは勘違いにほかなりません。

20代の頃は若かったからできたのではなく、今のあなたの仕事は20代の頃ではできないことかもしれません。集中できないというのは、周囲を観れるようになったからですよ。

ということは…

その周囲を見る目を少し柔らげる必要があります。

うん。。少し若手だったり、新入社員が私よりできる。。。と悲観的になっているかもしれませんね。私たちがあんなにも頑張ってきたことを最近の若手はすぐにクリアしてしまうのです。そう感じているのではないでしょうか?

そう…あなたが20代だったころ、その当時の30代の先輩方もそのように感じていたのです。

あなたは、いま30代で、当時の自分を俯瞰してみている状態なのです。

 

俯瞰(ふかん)して、自分の環境を整理する

原因はわかりましたか?

あなたが集中できない原因となっているものは、あなたの洞察力です。おそらく20代の頃に様々な経験をしてきたことでしょう。仕事の忙しさや恋愛においても。しかし、安定してきた30代になると、過去に辛かったことはいまでは普通になっているのです。つまり、あなたの潜在意識が安定しており、何がきても動じないようなレベルです。しかし一方で、さみしさだったり、周囲がかまってくれず、何もうまくいかないと思ってしまっていますよね。

そう…

まず集中できないことを改善するには、自分の環境を整理することが最速最短でやるべきことです。アファメーションでやる気を出す方法でも触れましたが、目の前に起こっている問題だけに集中することです。特にあなたが会社員であればすでに社会人経験が10年あるでしょう。そうなると、新鮮さがなく、まわりが見れない=ダメな人間と勘違いしがちです。あなたは社長ではないのですから、目の前に起こっている仕事をこなすだけでいいのですよ。まわりがどう言おうが、関係ありません。といったらイライラしてませんか?職場関係、人間関係があるから、仕事が終わらないことを言い訳もしくは、怒りさえも感じてそう、言い訳するかもしれませんね。。

それそれで、いいことなのです。周囲を観れることはいいことです。しかし、、それに飲み込まれてしまっているのが30代です。

30代は仕事がたくさん降ってきますが、あなたはもともと集中できる人間ですよね。

あたりを見回すと自分よりレベルが高い若手や人間に焦ってしまってはどうもこうもありません。あなたはできる人間なのですから。。一つ大事な言霊を授けましょう。『大切なものはいつも足元にある。』昔から灯台下暗しという言葉があるように、あなたは今。身の回りだけを見てしまって、自分自身を見ていない。見るのが嫌なのかもしれませんね。自分のことをちゃんとわかっているので、見るのが怖いのでしょう。しかし、それをそむけていては、集中力は帰ってこないのです。

 

他の事は忘れ、目の前の一点集中

あなたは素晴らしい人間です。

しかし、それが故にまわりにエネルギーを取られ過ぎています。あらゆる職場や恋愛など、見る範囲が20代に比べて莫大に情報量を入れる脳が育ってしまっていますから、、まずその脳を目の前の一点だけに集中させてください。一番いいやり方は、30分だけ目の前のパソコンや業務に集中するクセをつけることです。

会社にいると、共有の情報データを見る画面や、人の話し声が聞こえてきて集中できず、あれもこれもとなりますよね。。

それを30分、いや、、はじめは10分だけでもいいかもしれません。

…

目の前のことに集中。

その一点だけに10分だけ全ての脳を集中させてください。

 

集中できない時は、深く深く深呼吸。

集中できないことを改善する手段は簡単です。

あなたが仕事や恋愛で、集中できない。というならば、何かをしようとするとき、、目を10秒つぶってください。そして、深く深く深呼吸するのです。

『鼻から、ゆっくり深く息を吸い込み』

『肺がふくらむのを感じて』

『次は口から息をゆっくり吐きながら』

『頭の血が流れるのと、肩の力が全部抜けることをイメージ』

そして、『目の前の仕事にとりかかる。』

 

さすれば、これだけで集中力があの頃にすぐに戻ります。ぜひ試してみてくださいね。

心よりあなたの成功を、充実をお祈りしております。

 



 

 

Speak Your Mind