電話占いに騙され半年後、復縁の縁結びをして入籍

縁結びと入籍

電話占いに電話して、騙され続けた25歳女性のお話です。

彼女は電話占いの電話占い師に騙され続け約半年。その半年後、私の縁結び祈願後に復縁。ついに入籍されました。結婚記念日は7月7日の七夕だったそうですよ。なんか、、すごく羨ましいですが、それ以上に彼女は私にすごく感謝されていました。

今日はその電話占いの騙された内容。それと、霊能者の縁結びとは。という点に触れていきましょう。あなたがもしもまだ普通の電話占いにあれこれと、相談内容を依頼されているのなら、私のメール鑑定を是非受けていただきたいですね。

だって、電話占いって「占い」ですからね。占いの本を買って読み終えて「はい!今日から私は占い師です!」といえば?あなたでも電話占いの占い師側に回れることはご存知でしょうか。。そんな方々に電話占いだの、縁結びだの、復縁だのってお金もったいないですよね。。

続きを読む…

【電話占い】よく当たる電話占いってどういう意味?

当たる電話占い

あなたは電話占いを使ったことはありますか?

最近、電話占い・当たる。という検索が増えていることを聞きました。でも、ちょっとおかしい?と思って色々と霊能者仲間と話合っていました。電話占い・当たるで検索している人ってどんな人なんだろう。何を目的に「電話占い 当たる」と検索するか皆で霊視してました。

電話占い・当たるってどういう意味だろう。ちょっと日本語に不思議なトリックが隠されてそうでしたので、今回はその「電話占い 当たる」で検索している人たちに、朗報をお伝えしようと思います。

もしもあなたが「電話占い 当たる」と検索しているとしたら、

その電話占いは今すぐ辞めてください。

続きを読む…

脈なし女を振り向かせたい!脈なし女を落とす5つの手段

脈なし女

男の恋愛感情は複雑です。明らかに脈なしと思われる女を手に入れたい。そんな欲求が男には存在しますよね。周りから何を言われようが誰もを敵に回そうが、脈なし女に惚れてしまったら最後です。社内恋愛禁止だろうが、そんなものは関係ないのです。脈なし女を落とすには、千差万別。しかし、脈なし女を落とす方法は存在します。

脈なし女を落とす方法は、恋愛教材にもなっている程ですが、そんなものは必要ありません。なぜならば、まず試してみることが数個存在するからです。それすら100%やらないで脈なし女を落とせないから、霊能者に頼るのはやめていただきたいです。まずは、脈なし女を落とす方法を試してみる。それを100%実行した。でもダメ。それならばメール鑑定はお受けいたします。

まずは、脈なし女を落とすために、5つの手段を是非試してみてくださいね。

続きを読む…

【霊能者ブログ】電話占いの真実を上級霊能者が暴露解説

電話占いの嘘と真実

昨今、電話占い掲示板を見ている方々が多いようです。

私も若かりし頃、電話占いをしていた時期がありました。しかし、1ヶ月で電話占いを辞めました。先祖代々、電話占いは禁止されていました。なぜならば、親族とその友人までしか対面鑑定や電話占いをしてはならない。という仕来りがあったからです。

電話占いをしていると、あらゆる嘘を掲示板に書き込みされます。すべての電話占いや電話占いの掲示板が悪だとは言いません。しかしながら、その嘘か誠か分かりかねる電話占い掲示板は見るだけでマイナスな運を引き寄せてしまいます。さらに、霊能者ではなく一般的人、或いは儲けさそうとして電話占い掲示板を悪用し、特定の電話占いサイトに誘導して報酬を得ようとする悪者が存在しているのです。

あなたは、今まで電話占いや電話占い掲示板を利用したことがあるでしょうか?そして、その結果、運命的な霊能者に出会うことができたでしょうか?その可能性はゼロに等しいと私は考えています。なぜならば、電話占いや掲示板は嘘が多いからです。

今日は、電話占いにまつわる、嘘と誠について話していきましょう。

続きを読む…

【体験談】男友達が別れ際にハグしてきた!27歳女子体験談

別れ際男友達のハグ

男友達が帰り道でバイバイする別れ際に、いきなりハグ。

「納龍先生!どういう意図があるんですか?!」

過去にその27歳女子はその男友達に告白されました。それから5年が経ち、もう男友達として接していました。特に警戒心も抱くこと無く、お酒を飲んで楽しく過ごすような仲良しでした。しかし、会社の仲間で飲み会をした帰り。突然その男友達は別れ際にハグをしてきたのです。

今まで、男友達を異性として見ていなかった27歳女子。

でも、いきなり過ぎて戸惑いとビックリ!異性を感じてしまった。そして好意ある男性に隙を見せてしまった。その翌日、27歳女子の物語は始まったのです。彼は同じ職場の同僚です。

さてさて、この物語はどんな結末になったのでしょうか・・・

 

続きを読む…