親孝行したいなら親の潜在意識に働きかける

親孝行

親孝行したいときに親が既に他界していたり、
親孝行したいのに恥ずかしかったり、
親孝行したいのに自分の事で精一杯である。
親は嫌いでも親は親である。

いつの時代も、あなたがいるということは、
親は必ず存在し、1秒であったとしても感謝したことを
伝えたいと思ったことはあるだろう。

今日は、世間的な話ではなくて本業の霊能力の観点から
親孝行する方法を話をしようと思う…



親が既に他界していても親孝行は可能

これはある30歳女性の話である。

彼女は親を愛していました。ひとり上京しひとり借金を抱え
誰にも相談せずにひとりで生きてきました。ずっとずっと、、
仕事で失敗しても、借金がなかなか返せなくて彼氏もできない
そんな中でも彼女は実家には帰りませんでした。

それは

実家に帰ると、親の顔を思い浮かべるだけで
泣いてしまっている日々の自分がいたからです。

正月ですら数年間も帰ることをしなかった
年末やイベントごとでも帰りませんでした。

もう…親には迷惑をかけたくない…
いまを乗り越えて、自分に納得ができたら
そのときに笑顔で幸せな自分を見て褒めてほしい。

だからいまは頑張るんだと。。

その翌年。

彼女がなけなしの貯金で友人と旅行中に
事故で両親が他界との一報。

この時に私に相談に来たのです。

後述しますが…
彼女が上京して借金していることも
仕事で悩んでいることも
彼氏がいないことも、、すべて、

親というのは数分の電話だったり、
数分のLINEのやりとりで読み取ってしまう
能力があるのです。

つまり、

彼女のご両親はすべてをしっていたのです。

 

親孝行できないのなら霊的に親と会話できる

これはいまご生存のご両親にも、他界されたご両親にも
可能な方法のひとつである。

少し話はズレますが、いまやネット時代で世界中のどこにいても
一瞬で人と人の会話を繋ぐことができますよね。
でも・・・私はそれが嫌いです。

なぜなら

感情のやりとりが素直にできないからです。
本音で語り合えることができないからですし、
それを語り合えるのは霊能力しかないからです。

そして、霊能力は数字では表すこともできず
信じる人も少ないからです。

…(少し脱線しましたね…)

そう、彼女はご両親を亡くしてから
絶望の日々を送り始めていたのです。

彼女の目標は?

『いまを乗り越えて親に褒めて貰う』

これだけに生きがいを求めて
上京して成功すること、世間一般的に
普通の生活をすることが彼女の成功でした。

しかし

その成果を見せることができなくなってしまい
もう、親孝行ができない、親孝行したいけれど
なぜあのときプライドを捨てて正月に帰らなか
ったのかと…

旅行にいく前日の携帯での話。

彼女:『3日間、沖縄旅行いくんだ〜!』

母親:『気をつけてね!忘れ物なーい?』

彼女:『うるさいな!もう切るよ!!』

それが最後でした。

信じるものは救われる

この言葉はもう何十年何百年前から伝わるものですが、
霊能力を信じるか信じいないかはあなた次第ですが、
天国や地獄、死後の世界についても誰かが想像して
つくったものでもないということです。

誰かが体験し、誰かがそこにいる。
あまり話すと恐怖に変わってしまうので触れませんが…

そう。

命は儚いもので、一瞬の出来事で失ってしまう
もろいものでもあります。

人の感情や記憶は消えることなく
特に親孝行の他には恋愛が一番大きいですね。

今回彼女は、両親と話をしたい。
そう言ってきたのです。

霊能力を信じる者だからこそ
その力をお貸しするのが私の人生。

 

親の本心を知ることも人生である

私でなくとも、電話占いで本当の霊能力者に
簡単に出会うことができます。

本物の霊能力者は数は極めて少ないので
電話占いのサイトを選ぶのには慎重にして
ほしいところですが…

基本、顔出しをしている電話占いサイトは
非常に危険な場合がありますね。

もちろん

彼らも霊能力をうたっていますが、
霊能力は多少のことであれば勉強するだけで
身についてしまうものなので、
それを信じるのは私はありえないんですが、、

例えば、

生年月日を聞いてくる能力者は
その程度でしょう。

話をすすめましょう。

憑依(ひょうい)

これを出来る霊能力者は本物の証です。

・過去の偉人
・ご両親
・彼氏彼女
・自分の潜在意識

この4つが代表的ですね。

今回はご両親です。

他界されてますが、ご両親の潜在意識つまり、、
ご両親を私の体に入れるということです。

そうすると、肉声や話し方なにもかもすべて
ご両親に入れ替わることができます。。

まるでおとぎ話やゲームのような話ですが、
これは事実です。

 

彼女は親孝行をしたかったことや
ずっと苦労していたことをすべて打ち明けました。

 

そう。

冒頭でもお話ししましたが、ご両親は
彼女のすべてを理解していました。

彼女は自分だけですべてを解決しようと
必死だった。

でも、そこには親の想いも一緒に
乗っかっていたのです。

うん。

彼女はもう、一生涯の涙を流すかのごとく
その場でずっと泣いていました。

でも鑑定の最後の言葉がずっと私の心に
あったかく残っています。

『納龍(のうりゅう)さん。』

『あしたから素直に生きます。』

たった30分、彼女はご両親と会話しました。
たった30分、それで彼女の人生は変化しました。

 

どんな親でも子を想う

あなたが親孝行したいという気持ちは
既に親に伝わっています。

言わずとも、親はそういうのを感じています。

どんな状況にあろうとも
あなたが失恋しても借金しても
命をかけてもでも親はあなたを守ります。

それだけは

決して忘れないでください。

表面だけみないでください。

一緒にいたとき

一緒に笑ったあの日を、

決して忘れないでくださいね。

 

次はあなたの番です

あなたはこの世に生を受けました。

父と母の愛の元に。

だから、次はあなたの番です。

頑張らないと幸せになれないと思うのは
もうやめにしましょう。

あなたは幸せになっていいのですよ。
あなたは何も我慢しなくていいのですよ。

ダイエットしなければならないとか
常識がこうだからとか

社内恋愛が禁止されてるとか
友達に嫌われたくないとか

そういうものは
世間がつくりだした偶像(ぐうぞう)に
しかすぎないのです。

偶像とは誰かが自分が有利になるためだけに
作り出した形になるものです。

そう。

あなたは、あなたなのです。

誰のものでもありません。

親の愛。

それは、

『あなたに自由に生きて欲しい』

『楽しく生きて欲しい』

『後悔しない人生を生きて欲しい』

のです。

 

まとめ

親孝行したいなら親の潜在意識に働きかける

・親はいつもあなたの元にいます
・プライドは無駄。プライドの存在は捨てよう。
・親孝行したいなら今すぐ感謝の意を伝えよう。



Speak Your Mind