新宿ナンバーワンキャバ嬢直伝!彼氏を夢中にさせる方法5つ

彼氏を夢中にさせる

今日は夜のお仕事をされてる、Yさんからの体験談です。

Yさんは仕事とは裏腹に、彼氏を夢中にさせる方法がいくつかあると言っています。恋に溺れたい。愛に溺れたい。もう、裏切られたくない。恋は怖い!と恐怖を感じているませんか?

あなたがもしも、恋に恐れを抱いているのは、その時の彼氏を夢中にさせる方法を知らなかったからです。あなたがこれから恋をするとき、彼氏を夢中にさせる方法をしっておくことは必須条件ですね。

人は結婚まで行き着く「相思相愛」な運命にありながら、別れるという最悪の事故を引き起こしてしまいます。すべてが上手くいく!と霊視鑑定で分かっているのに、なぜか上手く行かない人がいるのです。

すなわちそれは、彼があなたに抱く「想い」を最大化できていないからです。

最低限のこの4つは必ずメモしておきましょう。



 

新宿ナンバーワンキャバ嬢直伝!
彼氏を夢中にさせる方法5つ

 

自立する


え?いきなり?

彼氏を夢中にさせる方法じゃないの?

と思われるかもしれませんが、かなり重要です。

彼氏とイチャイチャベタベタすることはすごく幸せだし楽しいと思いますが、四六時中となると話は別。

毎日のメールや電話を強要したり、他の男友達とばかり遊んでいて構ってくれないなどと怒ったり束縛したりすると、彼氏はほぼ間違いなく冷めます。なので彼氏を夢中にさせる方法として、まずは彼氏に依存しないようにしましょう。

他者に依存せず軸があり、自立している女性は誰から見ても魅力的です。

その上で時々ワガママを言ったりして甘えられれば、彼はどんどんあなたに夢中になるでしょう。

 

初志貫徹


まだ片思いだったころ、お一人様だったころ、恐らく誰もが自分磨きに励んでいたかと思います。

服を綺麗に着られるようにダイエットに励み、お肌の手入れを欠かさず、デートのためにメイクを研究したり……色々な方法を試していた方も多いのでは?今、彼氏ができたからと言って、油断して綺麗になる努力を怠ってはいませんか?

男性はまず目で恋をします。

彼氏に限らず、男性を夢中にさせる方法として、やはり見た目を綺麗にするというのは外せません。それはお付き合いが始まってからも一緒です。「彼は中身を見てくれるから!大事なのは中身だ!」というのは所詮綺麗事です。

それに、

逆の立場だとどう思いますか?

付き合い始めはさわやかイケメンだったのに、最近はぽっちゃりしてきてデートのときは髭もそってない。そんな彼氏冷めませんか?あなたは夢中になれますか?

もちろん、

スッピンを平気で披露できる仲になれるというのはすごく良いことだと思います。ただ、男性は女性に「いつまでも綺麗でいてほしい」と、心のどこかで必ず思っています。彼氏が他の魅力的な女性に釣られないよう、自分に夢中にさせるよう、己は常に磨いておきましょう。

醜くなってしまえば、、、

どんな方法を使っても無駄になってしまいます。

 

感謝の気持ちを忘れない


「彼氏だから、おごってくれるのは当たり前」

「送り迎えをしてくれるのは当たり前」

彼氏がやってくれていることに対して、それが「当たり前」という感覚になっていませんか?

感謝の気持ちを忘れると、だんだん横柄になってしまいます。

どれだけ見た目がよくても、彼氏を夢中にさせる方法や技を知っていても、そんな人間に対しては同性からも嫌われます。お店に入るときドアを開けてくれた、食事代を出してくれた、お部屋に上がったときお茶やお菓子を出してくれたなど、どれだけ些細なことでも「やってくれて当たり前」ではなく、「やってくれてありがたい」という気持ちを持ち続けましょう。

この方法で彼があなたに夢中になって、どんどん離れられなくなります。

 

明るく元気に前向きに


今すぐにできる方法です。

暗い人と一緒にいると、こちらまで暗くなってしまいます。

愚痴を言いたくなる気持ちは分かりますが、愚痴を言っている人が魅力的に見えることはあまりありません。どれだけの美人でも、常に眉間にシワが寄っていては台無しです。どんな方法を使っても、夢中にさせるどころかどんどん離れて行きます。

常に笑顔を絶やさず、

前向きなで明るい言葉を紡いでいれば、

それはきっと彼氏を夢中にさせるでしょう。

 

気持ちはきちんと伝える


こちらもすぐにできる方法です。

男性は鈍感です。

態度で分かってよ、察してよ、というのは無茶です。

思ったことは言葉にしてきちんと届ければ、彼氏もどんどん夢中になってきます。

機嫌が悪かったり落ち込んだりしているときに、一人にしてほしいのか、構ってほしいのか、話を聞いてほしいのか、素直に打ち明ければ彼もすぐに分かってくれます。

彼を夢中にさせたいのなら、

特に

「好き」

「愛してる」

という好意を伝える言葉は大切です。

そう。

彼がシャイであまりそういう言葉を言ってくれないと嘆いているあなたは、是非たくさん使ってみましょう。そのままの流れで「あなたは?」と聞くと、彼が返してくれる可能性が高くなります。

この方法でももちろん聞きすぎは鬱陶しいので、あくまで伝えることをメインにしましょう。照れくさいなんてもったいない!

 

まとめ

キャバ嬢直伝!彼氏を夢中にさせる方法5つ

彼氏を夢中にさせる方法といっても、特殊な方法は必要ありません。些細なことの積み重ねがあなたを作ります。人は居心地の良い場所に集まります。大事なのはお互いが居心地の良い場所にすることです。