Archives for 5月 2016

社会人必読!モラハラ上司とうまく仕事する5つの方法!

モラハラ上司

最近急増している、上司からのモラハラが注目されています。

あなたはモラルハラスメントという言葉をご存知ですか?

パワハラはよく耳にすることが多いと思いますが、実はパワハラは和製英語で海外では“モラスハラスメント(モラハラ)”というのが一般的です。そんなモラハラで悩んでいる方は近年急上昇しており、一種の社会現象ともなっています。

しかし、この上司からのモラハラは本当に厄介事です。上司はモラハラだと理解することはない。さらに、モラハラを感じてることを上司に訴えられないということです。モラハラやパワハラは物的証拠がなかなか見つからず、その改善方法が未だにグレーゾーンですよね。

今回はそんなモラハラを受けた場合にどう対処すればいいのか?細かくご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

続きを読む…

【霊能者ブログ】もやもや心を解消!好きな自分で生きていますか?

タリーズコーヒー

from 東京赤坂タリーズコーヒーより

「もやもやする心」

それを解消したいと思う、もやもや心。

あ、今日は雑談です。読み飛ばして貰ってOKですよ〜

あなたは人生、好きなことをして、思うがままに生きてるでしょうか?私も過去、もやもやする心を解消したい!偏頭痛がしたり、もやもやする心をどうにか解消したい!そう思って生きてることがありました。

しかし、時が経ち、そのもやもや心を解消しても、、、

また・・・

新しいもやもや心がっ!!

なんやねん!って感じです。

自分はダメな人間やな。

自分は誰よりも劣っている。

自分は何をやってもダメだ。

もう何もかもが嫌だ!

ってなりますよね。。

 

でも、そのもやもや心って治そう!って決意しないと、一生治らないのを知っていますか?その原因と対処法を今日はご紹介していきましょう!

続きを読む…

女友達が泣いて喜ぶ三十路の誕生日プレゼント!三十路女子体験談

女友達に渡す誕生日プレゼント

三十路って女性にとっては分岐点ですよね。

私がいつも三十路を迎えた友人知人に送る、誕生日プレンゼントは決まっています。特に私は男性で、相手は女性が多いです。昔から何故か、男性の友達は凄く極めて少なく、女友達ばっかりです。

あなたは誕生日プレゼントを貰ったことはあるでしょうか?もしくは、女友達に誕生日プレゼントを渡したことがあるでしょうか?どちらにせよ、誕生日プレゼントって、相手の立場になって「人を想う」という行為。それは、人間だけができる素晴らしい感情表現です。

私はメインは霊能者ですが、その他WEBデザイン、ディレクター、コピーライターなど、その他も様々な仕事をしています。だから、その仕事で関わる方々の出会いやご縁に感謝して、誕生日プレゼントを送ることにしています。

今日は、そんな私がおすすめする、女友達に送る誕生日プレゼントをいくつかご紹介いたします。興味があれば、読み進めていただければ幸いです。

続きを読む…

愛しの彼氏が喜ぶ記念日のプレゼント7つ!彼氏の笑顔を作りませんか?

記念日のプレゼント

彼氏が愛を感じるとき。

それは、記念日を大事にしてくれてプレゼントを貰うときです。彼氏は付き合い始めると、愛の薄さ、恋愛の薄さを感じはじめます。そんなときに、愛を最大化するのが記念日ですよね。

この記念日のプレゼントは、ある意味サプライズが大事です。女性からの霊能相談も記念日に何もしてくれない。愛を感じられないとよく耳にします。彼氏も実はそう。あなたが彼氏を大事にして、記念日にプレゼントを渡す。この行為こそが、愛を育むのです。

あなたは最近彼氏に何かプレゼントをしましたか?

何かの記念日も大事ですが、何もない日常に、なんかプレゼントしたくなったから!といって、彼氏にプレゼントを渡す。これ以上に男性が嬉しいものはありません。そういった無邪気さのある女性に、男はついていくものです。

続きを読む…

無料占いにハマり、人生を台無しにした25歳メガネ女子体験談

無料占い

あなたは無料占いをしたことがありますか?

今回は私の霊能鑑定を終えて、将来は結婚すると約束された25歳メガネ女子の話です。彼女は何度も無料占いをして、人生を歩いてきました。そして、無料占いをしているうちに私のブログに来てくれて、霊能鑑定を依頼されてきたのです。

「拝啓、納龍先生

 無料占いではなく、有料占いをしてください!」

こんな一文が私のメールに来たのです。

 

時は、2013年の真夏。

三日三晩熱中夜で、エアコンをフルでまわしても暑い。冷たい氷の入った麦茶を一気飲み。仕事にいく満員電車に恐怖を感じながら、彼女は通勤をしていました。そんなとき、ひとりの男性に出会いました。彼は29歳の公認会計士でその時はまだ彼女がいませんでした。

そう。彼こそ、25歳メガネ女子の運命の人だったのです。

続きを読む…